昨日、山上珠紀先生の「イタリアチーズの会」レッスン開催しました!

チーズ6種類にワインを2種類(赤&白)をご用意させて頂いて、テーブルの上はすっかり”イタリア気分”に(^^♪

 

最初に、ナチュラルチーズってどんなチーズ?とか、

ナチュラルチーズの7つのタイプやチーズのカットの仕方などを教えていただき、

そして何より食べてみないと始まらないということで、そのあとはさっそく実食!

 

チーズは、リコッタ、タレッジョ、ゴルゴンゾーラ、パルミジャーノレッジャーノ、グラーナパダーノ、そしてパリエッタヴィオレの6種類。

一つ一つ先生から説明をしていただきながら味わっていきます。

パリエッタヴィオレというチーズは、白カビのチーズなのですが、山羊乳と羊乳と牛乳の混乳で作られたチーズ。山羊チーズが苦手な方でもお召し上がりいただける、とってもやさしい味のクセのないチーズでした。

すみれのお花で周りが覆われており、口に含むとふわっとすみれの香りが広がります。

そしてリコッタチーズとツナで作ったディップや、

ゴルゴンゾーラとグラーナパダーノをシイタケにのせてトースターで焼いたアレンジも登場!

 

 

焼く前のシイタケ

 

 

 

 

焼きあがったシイタケ

これがまた美味しかった!絶妙でした!

 

 

ワインとのマリアージュやプレーン&イチジク入りバゲットとともに楽しく召し上がっていただきました!

ワインは、ラベルの写真を撮るのをすっかり忘れてしまいましたが、白は法王のワインと言われローマっ子に愛されている「フラスカーティ」、赤はエミーリア・ロマーニャ州の「サンジョベーゼ・ディ・ロマーニャ・リゼルヴァ」を私の方でご用意。

これがまた、今回先生にご用意いただいたチーズにとてもよく合うと皆さんに喜んでいただいて、とっても嬉しかったです!私も試食させて頂きましたが、自分でいうのもなんですが、とてもよく合いました!!

山上先生の楽しいお話で皆さんの会話もはずみ、とても楽しいレッスンとなりました。

5月・6月はスペインのワインとチーズをそれぞれ楽しんで頂く予定です。

普段味わえない、めずらしいチーズも登場しますよ(*^^*)

どうぞお楽しみに♬