毎年、お正月を過ぎてしばらくしてから明治神宮にお詣りに行くのが恒例となっておりますが、今年も行ってきました。お天気もとても良く、この上ないお詣り日和。この一年の健康と発展を祈願してまいりました。


参道を歩いていくと見えてくるのが、ワインの樽。

こちらはブルゴーニュ地方の醸造元各社より献納されたもの。
衣食住様々な分野において西欧文化を積極的に取り入れた明治天皇。洋食をお召し上がりになり、葡萄酒もお好みになられたのだとか。

ロマネ・コンティや

ムルソー、

ルロワやアルベール・ビショーなどの名前も。

圧巻の光景です。